photo-menu

menu

この写真どのように作っていると思いますか?start

professional-photo-work-01
これなんです!!(富士フイルム全国営業写真コンテスト銀賞全国2位

 

色々な手法で撮影してゆきます。どの写真が心に入り微笑んでしまいますか?

professional-photo-work-02
おじいちゃんの手の力強さと3人の関係性が未完成
professional-photo-work-03
それぞれ関係が未完成
professional-photo-work-04
意識がおじいちゃんではなくカメラに向いている
professional-photo-work-05
お兄ちゃんの意識がおじいちゃんにない

 

当写真館で撮影していただいたお客様はお解りいただくと思いますが、構図を組んだあと、
清田より「あーだ、こーだ」と、色々な注文がつきます。
(これ、お客様は笑って従ってくれます。)

光の角度、体の向き・角度。

ちょこっとした事で写真って大きく違ってきます。

表情だけではないんです。写真って。

誰でも撮れてしまう分、追求してゆくと深みにはまります。

自然な・・・・だけでは、スナップ写真なんです。
これではご料金は頂けません

誰でも簡単に撮れる様になったスタジオ写真

衣装が魅力?価格が魅力?内容は?

ずっと残るものだから、簡単にはシャッターは切れません。

作画って奥が深いんです。こんな勉強を日々しています。

 

上の写真の平塚市S様から頂きましたお手紙です。

じぃの一声で写真館に行くと言ったのは突然の事でした。孫達の服も一式用意されていました。

 

三世代の記念に、我が家の男性達だけを撮るという事で、私たちは微笑ましくも緊張しながら撮影風景を見つめていました。何パターンか撮影した後、清田さんのご好意で孫と3人の写真も撮って頂きました。じぃの目が潤んでいるように見えました。
 

この写真は銅板の板金職人として歩んできた、じぃの夢だったのかなぁ、、、
 

先日、写真館のウインドに優しいまなざしで孫達と写っているこの写真を見た時、胸が詰まる思いでした。元気なうちにこんなにすてきに撮ってもらえて良かったね。孫達も嬉しそうに見つめていました。
 

今回この写真が全国の皆さんに見て頂けると聞いて嬉しい気持ちで一杯です。
「じぃは写真と一緒にいろんな所に旅に行けるのねぇ。」って話しています。

清田さん、本当に有り難うございました。

 

 富士フイルム全国営業写真コンテストの選評です

professional-photo-work-06-2

 

 

富士フイルム全国営業写真コンテスト金賞全国1位の写真

professional-photo-work-07

professional-photo-work-08

 

富士フイルム全国営業写真コンテスト銅賞全国3位の写真

professional-photo-work-09

professional-photo-work-10

BLOGセイタ写真館―スタッフ ブログ

  • セイタ写真館のブログ
  • STUDIO HISTORY セイタ写真館ヒストリー

 

営業日カレンダー

2017年-9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年-10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

・・・定休日
営業時間:AM9:30〜PM6:30
ご撮影はPM6:00までにご来館くださいませ

 

ページトップへpagetop